バイヤー 求人 メーカー

アパレルバイヤー求人ガイド

バイヤー求人のメーカー勤務情報を掲載中です。メーカー配属のバイヤーの仕事内容や口コミなどを見ていきましょう。

メーカー系バイヤーの主な仕事内容は?

バイヤーの仕事は仕入れ、価格付け、売買戦略において、卸売業者および取引先と相談することになります。

価格公証人という別名があるほど価格に関して大きな決定権を持っており、メーカー担当のバイヤーは特に、大手取引先をはじめ、数多くの取引先と商談を行いますので、厳しい要求を行うことが多いです。

しかしバイヤーは個人プレイではありません。

所属するメーカーがどのような方針であるか、意向であるかを踏まえた上で、販売する商品を選択、仕入れを行います。

仕事は商品を実際に店舗に並べる半年前から行い、現場、会社、バイヤー自身の情報によって今後のシーズン商品の計画を打ち立てていかなければなりません。

ですから流行を先取りする能力も求められますし、メーカーの顧客が求めるもの、好みを把握した上で商品を選択していく必要があります。

ですから現場担当者とのコミュニケーションは欠かせず、その関係がしっかり築かれていればいるほど、売れる商品が仕入れられるようになります。

さらにライバル店舗やメーカーの動向を調べ、情報収集するのも仕事です。

ライバルの売れ筋商品、売り込みたい商品、同じような商品の価格、演出など、様々なポイントをチェックしていかなければなりません。

つまり、バイヤーが仕入れる商品、決めた価格によって、そのメーカーの売り上げが左右されるということです。

バイヤーの仕事は非常に大きく、そして責任十台であるということがいえるでしょう。

↑ PAGE TOP