バイヤー 求人 ジュエリー

アパレルバイヤー求人ガイド

ジュエリーブランドのバイヤーの仕事情報や内容などをチェック!海外出張などが多いイメージがありますが、本当のところはどうなのでしょう?

ジュエリー系のバイヤーの買い付けって日本?海外?が多いの?

ジュエリー系バイヤーの仕事は海外が多いです。

もちろんあこや真珠など、日本国内での買い付けもあります。

しかし宝石の産地はアフリカなど海外が多く、買い付けも海外に集中するようになります。

実際にジュエリー業界のバイヤーの求人を見てみると、買い付け以外の仕事を任されることが多いです。

その内容は店舗運営がほとんどで、ディスプレイ、販売、接客、在庫確認、品出しがメインです。

実際に買い付けに行くのは頻繁に行なわれることではありません。

また企業に属し、本社などの事業所勤務のバイヤーも、戦略会議などに参加することが多く、買い付けに行く頻度は高くありません。

ですから、ジュエリー業界のバイヤーになったとしても、海外出張は1ヶ月に1回程度と考えていいでしょう。

海外出張をする際は、原産国に直接行き、世界各国のバイヤーと競合することになります。

そして値段、鑑別所のない宝石を、自ら価値を判断し、価格交渉しながら仕入れていかなければなりません。

ここで重要になるのは宝石を見極める力といっていいでしょう。

宝石に関する知識、どれだけ安く宝石を仕入れられるかということが求められますので、交渉が上手くなければいけませんし、語学力も求められます。

ジュエリーバイヤーはほとんどが男性ですが、女性も中にはいます。

宝石販売店でキャリアを積み、宝石に関する知識、見極める力を身につけてからバイヤーになるのが一般的です。

ジュエリーバイヤーは一筋縄では行かない仕事なのです。

↑ PAGE TOP