バイヤー 求人 バッグ

アパレルバイヤー求人ガイド

バッグ系バイヤーの求人情報や悩み、苦労を見ていきましょう。売れるバッグを仕入れるのがバイヤーの役割ですが、その中にはどんなトラブルや葛藤があるのでしょう。

バッグのバイヤー、不満や悩みってなに?

バッグのバイヤーの悩みは、シーズンごとに仕入れるバッグの種類、量を見極めなければならないことです。

バイヤーは常に先を読み、流行を予想した上で商品を仕入れなければなりません。

バッグは非常に種類が多く、色も素材も形も様々です。

そんな中、売れるバッグを仕入れ、販売するのがバイヤーの仕事です。

たとえば就職活動が始まる頃にはビジネスバッグが必要となりますし、ゴールデンウィークや長期休みの前には旅行バッグが必要になります。

新学期が始まる頃には女性用の通勤バッグや通学鞄もそろえなければなりません。

最近はA4サイズが入るバッグに注目が集まっていますが、ただ大きいだけでは消費者は喜びません。

バッグの流行は年代、職業によってまったく違いますから、ニーズにあったものをそろえなければお客さんは来なくなってしまいます。

この状況を見極めながら、店舗からの情報収集をするのも大変なことですし、さらに要求を突きつけられるという悩みも多いのです。

それでいて、商品が売れなければ上からの圧力を掛けられてしまう、バイヤーとしての仕事にやりがいを感じていても、給料が高いわけではない、サービス残業が多いなど、待遇への不満も多いようです。

バッグ売り場は、セールス品を大量に展示したり、在庫を切らさないために仕入れ数を見極めたり、非常に大変なことが多いです。

それをしっかり見極めていかなければならないからこそ、バイヤーの悩みは尽きないのです。

↑ PAGE TOP